崖地の利点を最大に生かす!見晴らしのいいモダンな住まい
 Hiên, sân thượng by アトリエdoor一級建築士事務所

崖地の利点を最大に生かす!見晴らしのいいモダンな住まい

崖地の利点を最大に生かす!見晴らしのいいモダンな住まい

K.Yokoyama K.Yokoyama
K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、見晴らしが自慢のモダンな住まいです。崖地という敷地の特徴を最大限に生かし、室内からもバルコニーからも開放感あふれる眺めが楽しめる快適な家が完成しています。この住まいは、栃木県を拠点に活動するアトリエdoor一級建築士事務所によって手掛けられました。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう!

崖地に建つ住まい

ロケーションは栃木県。崖地となった敷地に建つ2階建ての住まいの様子です。さわやかな白の外壁をした建物は、目の前に視界を遮るものがなく見晴らしのいい崖側にバルコニーを設置、敷地の利点を大いに生かした作りとなっています。バルコニーの柱部分に使われた木材の色味によって、シンプルでモダンな住まいの建物にナチュラルなアクセントが加わり、ちょっとしたデザインの要素にもなっていてお洒落ですね。

シンプルで明るいLDK

こちらは2階のLDKの様子です。室内はこのように白を基調としたナチュラルなインテリアでまとめられ、全体的に明るく心地いい空間に。オープン型のキッチンは、シンプルで広々としていてとても使いやすい印象となっています。また、キッチンは料理をしている間もリビングやダイニングにいる家族とコミュニケーションが取りやすい距離感で、バルコニーにも目が届く配置となっているのもポイントです。

景色を楽しめるリビング

こちらは、階段側からLDKのリビングとその向こうのバルコニーを中心に見た様子です。右側奥には先ほどのキッチンがあります。リビングには造り付けでテレビ台や飾り棚を設けていますが、引き戸を閉めることによって、壁面収納のようにそれらを隠し空間をスッキリ見せることも可能です。バルコニーに面しては大きな開口が設けられ、室内からも開放感あふれる外の景色を楽しむことが出来ます。

スッキリとした壁面収納

こちらは階段脇に設けられた大きな壁面収納です。部分的にオープンになっている所は飾り棚として利用し好きな雑貨や本を置いてインテリアを楽しみ、その他の部分は見せずに収納することで空間がスッキリとまとまります。階段周りは意外に見落としがちなスペースですが、このように階段脇や階段下スペースを工夫することで収納場所として生まれ変わります。住まいが完成した後になって作ることは難しいので、収納スペースにこだわりたい場合は建築家に住まい作りの初めの段階で相談しておきたいポイントです。

景色を楽しめるバルコニー

広々としたバルコニーからのぞんだ眺めです。手すりはその広大な景色を妨げないようシンプルなデザインのものを設置。バルコニーは屋根付きでウッドデッキが敷かれているので、半屋外リビングとしてくつろげる雰囲気の空間となっています。テーブルなどを置いてお茶や食事を楽しんだり、読書をしたり、デッキチェアーを置いて開放感あふれる景色を楽しみながら、ただただゆったりと過ごしても快適そうですね。

モダンな和室

こちらは1階の一画に設けられたモダンな和室の様子。開放感あふれる他の部屋とは違って、シンプルに畳が敷かれ、控えめに開口を設け、静かで落ち着く雰囲気となっています。最近は住まいに和室を設けていない場合も多いですが、気軽にごろりと横になれたり、客間としても利用できるので、やはり和室が住まいにあると生活の幅が広がってとても便利ですね。

 Nhà by Casas inHAUS

Need help with your home project?

Get in touch!

Need help with your home project?

Get in touch!

Request free consultation

Discover home inspiration!