縦格子と外部空間を豊富に取り入れた二世帯住宅 | homify | homify
Error: Cannot find module './CookieBanner' at eval (webpack:///./app/assets/javascripts/webpack/react-components_lazy_^\.\/.*$_namespace_object?:3566:12) at at process._tickCallback (internal/process/next_tick.js:189:7) at Function.Module.runMain (module.js:696:11) at startup (bootstrap_node.js:204:16) at bootstrap_node.js:625:3

縦格子と外部空間を豊富に取り入れた二世帯住宅

Michiko JUTO Michiko JUTO
Nhà phong cách chiết trung bởi MITSUTOSHI OKAMOTO ARCHITECT OFFICE 岡本光利一級建築士事務所 Chiết trung
Loading admin actions …

本日紹介する住宅のキーワードは「縦格子」。日本の建築によく見られるこの縦格子というエレメントは距離感や視線に対して様々な効果をもたらします。設計を手がけた建築家の岡本光利氏は、異なる様式そして建築素材をうまく調和させながら、縦格子を随所に取り入れた二世帯住宅を完成させました。さっそく詳しく見ていきましょう。

様々な要素がミックスしたモダンな佇まい

比較的交通量のある道路に面した角地に建つこの二世帯住宅は、ブラックとホワイトのコントラストがひと際目立つモダンな佇まいが街区に対してちょうどランドマークのような役割を果たしています。シャープな印象を与えるガルバリウム鋼板葺きの外壁に打ち放しコンクリートの外塀といった組み合わせですが、実は木造住宅でもあるんです。通りに面したファサードは閉じたデザインもしくは縦格子によってプライバシーを確保したボリュームを感じさせる建物です。

縦格子やスリットが作り出す変化に富んだ外観

ピロティ式の駐車スペースの他にビルトインガレージも設置。内外空間にお互いそれぞれの気配を感じさせるスリットや様々な縦格子のエレメントで豊かな表情の外観を形成しています。

しっとりと落ち着いた共有のエントランス空間

2世帯共通の門をくぐるとそこはお洒落な坪庭のあるモダンな玄関ポーチ。表情のあるコンクリートの壁と片持ち階段、木製のドアや格子を組み合わせた独特の雰囲気のエントランスは雨や風、そして太陽光を感じることのできる内外の緩衝空間です。正面左手はビルトインガレージへ通じるドア、そして右手にちらっと見えるのは親世帯宅の玄関ドア。間接照明による趣きのある演出が素敵ですね。

眺めの良い玄関

親世帯の玄関と坪庭のある玄関ポーチをガラスで仕切り、タイルはそのまま三和土まで延長させ連続性を持たせています。脇には収納力たっぷりのウォークインクロゼットを設け、靴の収納にも困りません。

便利なウォークインクロゼットを玄関に設置

ゆったりとした玄関口には壁付けの収納家具も配置。その下に設置された間接照明は足元を優しく照らし、天井のライトと共に高級感のある雰囲気を演出しています。視線はそのままもう中庭空間に抜けていき、奥行きと広がりを感じさせ、明るさを確保しています。

和室と繋がるダイニングキッチン

掃き出し窓の大きな開口で外部空間との連続性を持たせた主要な生活空間はアイランド式のモダンなキッチンそしてテラスに面したダイニングエリアと引き戸で間仕切り可能な琉球畳を採用した和室空間を繋げた構成です。和モダンな雰囲気の落ち着いた色合いの壁や天井で仕上げたダイニングキッチンと濃いめの木を使用した造作の収納や建具が見事に調和した重厚感のある生活空間ですね。道行く人や車の気配を感じさせる打ち放しコンクリートの外塀のスリットはプライバシーを確保しつつ都会の雰囲気をポジティブに取り入れています。

巧みな動線で豊かな空間構成を実現

外階段を上がると子世帯住宅へ続きます。通りとの境に縦格子を2層にわたって組み入れ、緩衝空間である外階段を柔らかな光で包み込みます。質感のある黒の壁に天井によってしっとりと落ち着いた住居へのアクセスを演出しています。夜ともなれば縦格子からそっと洩れる住宅の光が街路を優しく照らし、内外空間の相互作用を生み出すエレメントして機能します。

トップライトを取り入れよう

トップライトからの自然光で明るく開放的な子世帯住宅の玄関とホールです。1階の親世帯とタイルや床材、建具などスタイルや色を調和させることで統一感を持たせています。照明などは少しカジュアル目なものを合わせて親世帯とは違う若い世代の住まいを演出。

ユニークな窓と格子が作り出す豊かな生活空間

高めの天井を確保したダイニングキッチンです。曲線を描くユニークな開口の外側の道路に面したほうは縦格子を設置し、視界を曖昧にしています。腰掛け窓からは通りの様子を格子越しに眺めることもできますね。高窓からは十分な採光も確保。

ルーフテラスと繋がる明るいキッチン

レンジフードも同系色で統一したシックな黒のオープンキッチンがとてもスタイリッシュですよね。ワークトップより一段下げたダイニングテーブルが大変機能的です。料理をしながら家族との会話も弾みそう。親世帯と一緒に食事をすることもあるのかもしれませんね。開放的なプランが大家族にはぴったりです。

プライベートな外部空間はこうして作る

実は開口の外は 半屋内的なテラスになっているんです。窓を開けれな室内とつながり、様々な用途に使えそうです。キッチン後ろの開放的なルーフテラスにまで繋がっています。外観は閉ざされた住宅ですが、中庭や坪庭、テラスといった「空隙」と縦格子による柔らかな仕切りを採用することで、自然を含めた都市環境とも緩やかに繋がる視覚的にも空間的にも変化に富んだ住まいが生まれました。

岡本光利一級建築士事務所が手がけた家は、こちらの記事でも紹介しています。

ビルトインガレージのある上質でモダンな白い家

ライトコートとルーフバルコニーが豊かな住空間をつくる

スタイリッシュなデザインとナチュラルな素材が融合した家

bởi Casas inHAUS Hiện đại

Need help with your home project?
Get in touch!

Discover home inspiration!