建築家に設計を依頼するとき、知っておきたい7つのポイント

HouseK2, 一級建築士事務所 ima建築設計室 一級建築士事務所 ima建築設計室 Nhà phong cách Bắc Âu Kim loại
Loading admin actions …

マイホームの建設やリフォームを考えるとき、建築家にプランの依頼を検討される方も多いと思います。建築家に頼むからには自分では思いつかない、ユニークなアイデアを期待しますよね。しかし建築家を選ぶとき、実際にはどのような点に気をつけるべきか、わからないこともあると思います。今回は建築家に設計を依頼するにあたり、これだけは知っておきたいという7つのポイントをお伝えします。

1. 建築家へのアプローチ方法

建築家に設計を依頼するのに、いきなり建築事務所に連絡するというのはハードルが高いですよね。そんなときは建築家と住まいをつくりたい人を結ぶネットワークを活用しましょう。

ネットワークには対面による住まいの情報センターもありますが、ウェブサイトなら気軽に探すことができます。Homifyには理想的な住まいづくりを実現してくれる建築家の皆さんが大勢いらっしゃいますので、こちらもぜひ参考にしてくださいね。

2. 今までの実績を見せてもらう

気になる建築家が見つかったら、まずは彼らがどのようなタイプの建築家なのかを知りましょう。そのためには、今までの仕事をまとめたポートフォリオや可能であれば実際に設計した建物を見せてもらいます。なかには建築事務所が自宅を兼ねていて、自宅を見せてもらうことができる場合もあります。



ポートフォリオを見れば、その建築家のデザインの志向や住まいに対する考え方を知ることができます。使い勝手の良い機能的な住まいがいいのか、デザイン重視で多少の不便には目をつぶれるのかといったことも、この段階でしっかり考えておきましょう。

ポートフォリオに基づいて、候補の建築家を何人かに絞ります。建築家は土地の条件や施主の希望を聞いたうえで提案をしますので、いくつかの案のなかから好みのものを選んで依頼するということになります。

3. 良好なコミュニケーションを築けるかどうか

コミュニケーションが気持ちよくできる人物かどうかを見極めましょう。住まいは高価な買い物ですから、できるだけ自分の希望をかなえてもらいたいですよね。特に住宅を手掛ける建築家はまずグッドリスナーであるべきで、顧客の希望や生活パターンを十分に聞いたうえで、プラスアルファとなるアイデアを出すことが求められます。

とはいえお互い人間どうしですから、合う合わないはあると思います。建築家は新築時だけでなくリノベーションやメンテナンスなど、長期間にわたってかかわるパートナーとなります。話しやすい、相性のいい人物を探しましょう。

4. プライバシーをきちんと守れるか

建築家との話し合いでは、かなりプライベートにかかわる内容にも触れることになります。どんな職業にも守秘義務はありますが、住まいは生活の根幹をなす、きわめて私的な空間ですから、住宅設計に携わる建築家にとって、プライバシーを守ることはたいへん重要です。

5. 自分のしたいことだけを押し付けてこないか

建築家が設計した建物は、住み手の財産であると同時に建築家にとっての「作品」という側面もあります。しかし建築家が「作品」としての側面を強調しすぎると、住み手にとっては暮らしにくいということにもなりかねません。住宅は生活の場ですから、建築家にはデザイン性と住み心地の両方を兼ね備えた住まいが求められます。

頼む側も建築家に全部お任せではなく、ここだけは譲れないというポイントは必ず伝えるようにします。建築家に頼むからには、住まいに対するこだわりが何かあるはずです。できあがってからこんなはずではなかった、ということにならないように、設計の段階でしっかりと希望は伝えましょう。

6. 質問に適切に答えてくれるか

質問したときに、納得のいく説明があるかどうかも気になるところです。その場ですぐに回答できなくても、後で必ず質問に答えてくれるような誠実さがあるかどうか見極めましょう。

7. 建築家には設計料がかかる

建築家に設計を依頼するとき、忘れてはならないのが設計料です。設計事務所に依頼した場合、設計料は総工事費の10%~15%が相場とされています。住宅メーカーのなかにも「建築家と建てる住まい」のようなデザイナー住宅がありますが、こちらは総工事費の2%~5%といわれています。

建築家による住宅設計にコストの上乗せがあることは否めませんが、適切な設計とメンテナンスがなされた住まいは、長期的にみれば暮らしの質や資産価値を高めることにもつながります。


建築に関する特集記事はこちらにもあります

Cần giúp đỡ với dự án nhà của bạn?
Liên lạc!

Những nội dung đặc sắc từ tạp chí của chúng tôi